• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

鐘撞山・音羽山

公開日時
2008-05-03T23:11:21+09:00
タグ
yama

先週榛名山方面で目新しい山への看板を見にした。カレンダー通りだと4連休、有名処は混んでいるかもしれない。それに山に行くとしても車の渋滞は御免だ。という訳で殆ど人も歩かない山域のようだし鐘撞山と音羽山に行く。

入口の道標は「鐘撞山」と書かれている。「登山口」の3文字は付いていないので決して油断は出来ない。でも地図を見れば右手の尾根に乗れば問題ないことは判る。web 上には星の数ほどの山行記録があるが主観と客観のバランス、精神の安定を図るため殆ど検索しない。唯一の参考山行記録となる重鎮さんの1998年記録を参考にする。

鐘撞山山頂直下
鐘撞山山頂直下その2

適当に尾根に乗り、植林限界(植林終了地点)を超えるとほのぼのとした新緑と花の山になる。山頂には祠が祭ってあるが、何故か水仙とチューリップに囲まれていて何気に可愛い。そのまま北の音羽山へ。

鐘撞山・音羽山間の花

途中、直角に曲がる部分があるのだが案内板が設置されていて誘導する。この案内板、お好きにどうぞって感じかな。穏やかに花を見ながら音羽山に。人気の山なのか山頂標識は3枚も付いていた。

結果的に静かで穏やか、気持ちが和らぐ。一瞬何処の山域に来たのだろうと思わせる遅刻(何)しても楽しめる山行だった。

関連サイト名とアドレスが変更になりました。現在の URI参考 です。