• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

カモシカヶ原というらしいところに行く

公開日時
2008-08-02T22:21:04+09:00
タグ
yama

八ヶ岳のカモシカヶ原というらしいところに行くため、稲子湯上のみどり池入口からこの界隈でお気に入りのシャクナゲ尾根を使って行く。

シャクナゲ尾根から富士山を望む

快晴ながらもそこそこ涼しく、途中硫黄岳・天狗岳・富士山を見ながら登る。ニュウ経由でカモシカヶ原というらしい分岐まで下りカモシカヶ原というらしいへ。スクリーンショットはカモシカヶ原というらしいへ下る前の上部から見た東天狗。休憩中南壁から二名上がって来た、左カンテルート利用だ。

上部からみた東天狗

そして、カモシカヶ原というらしいところから見た東天狗。ここに、慶応SFC 久保研究室の観測機器が設置してあった。何もないだろうと思うところにアームが何本も突き出た構造物を見ると怖い感じを受ける。

下からみた東天狗

ニュウから中山峠への岩壁を仰ぎ見ながらしらびそ小屋経由で駐車場に戻る。途中、例のカンテと通ってきた山を下から見上げて感慨深く下山。

下から見た通った山

帰れば地元の祭り。そういえば昨年の花火大会は4人で見たんだなあ。そんな一日。