• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

久し振りの山行

公開日時
2008-08-30T19:50:46+09:00
タグ
yama

雨でもいい、こうなったら榛名山に登りに行く。

まぶたを閉じれば、8月2日に稲子岳界隈に行って以来まともに登っていないことに気付く。今週こそはとの願いも虚しく週末は雨が続いている。今日も朝から雨。精神の安定を図るためには登らないと拙い。そうこう考えていたら雨が上がる、が10時を回っている。近場の榛名かなということで掃部ガ岳に行く。

西峰から見た榛名湖

人がいないという理由でお気に入りの夢二公園からのルート。登山口についた時間は12時を越していた。久し振りの斜面の中、低山特有の包まれ感が小学校5年の夏に何度も読んだ白土三平の「忍者武芸帳」のあの感覚と似ているなどと根拠のない誤った判断に基づいて作られた主観的な信念を抱く。所謂妄想モード。

山頂ではこれからのルートを検討。雨でもいいと登りに来てはいるが夕方の雷雨は嫌だ。なので普通に杖の神峠経由で帰るコースを採る。いつも来てから思うことだが榛名も奥深い。それこそ榛名外輪山祭りをしたら一日で回りきれるかどうか。

夢二公園に戻り遅い昼食を採って帰る。自然の中で気持ちが穏やかになる。榛名といったって気持ちよかった週末。