• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

今週の調整 その2

公開日時
2008-09-12T15:14:23+09:00
タグ
hearing

今週も vigo の調整に行く。

毎週の調整から一般生活環境下での聞き取り能力と順応は向上している。今日は左耳への生活音と大音量、そして特定音域の入力に対しての調整に出向く。左耳の調整が主訴なので今回は左耳用 vigo のみ調整。

Fitting Software - Genie#1

それにしても Oticon 社の Vigo 用フィッティングソフトウェア Genie は凄い。医院の処方を基に理想とする目標設定値を算出。その数値を本体にプログラム入力していく。

Fitting Software - Genie#2

但し、算出した数値は平均値であるということと、補聴器装用初心者にとってその目標設定値は装用前に比べ激変する聴環境となるため受け入れが難しい。なので販売店のエキスパートによる調整が重要な要因となってくる。Genie ソフト以上に販売店の専門家によるソフトのソフト(何)が明るい補聴器生活、つまり「せんぱい! ワタシ、急上昇!」(謎)への欠かせない要因となるのだ。主訴に基づいて Genie のプログラミング調整というのは簡単そうで簡単ではない。そこには使用者の多様な使用環境と心理的作用が大きく関わってくることになるからだ。

補聴器の販売だけでなくその後のフォローが必須となる訳だが、その微調整となる「聞こえ」は殆ど主観的なもの。また一般に使用者は高齢者が多く、適応能力や自己判断力も様々。そりゃあ大変なお仕事ですよ。居酒屋のように酔っ払い相手にテキトー(嘘)に接客するのと訳が違う。なので Genie も凄いけど、店員さんも凄いということです。

そして今日の調整はミホちゃん(誰)。どうもありがとうございました。

そんな連休前日。