• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

蜘蛛ちゃん

公開日時
2008-09-30T09:44:18+09:00
タグ
sonota

歩いて行ける鎖場に行く。

先週末は、諸般の事情で山には行かなかった。家で静かに自分を見つめなおそうかと思ったが、自己観察してもつまらないので自然観察に出掛ける。

川を渡って昔のゴルフ場を通って根小屋駅を通過しら、吉村さん(誰)が農地を借りて家庭菜園なさっていた。暫し歓談して金井沢碑へ向かい鎌倉街道へ。

高崎に来たばかりの雪が積もった冬、山名八幡宮から根小屋駅までこの鎌倉街道を通ったことがある。今回は逆のルートになるし、無積雪で景色が異なるから新鮮で楽しい。

登りつめた十字路から根小屋城址本丸跡を目指す鎖場付きのコースは、人があまり通らないのかナイロン糸のように強いテンションの蜘蛛の巣が張り巡らされ完全に障害物となっている。散歩だからと MBT のサンダルで来たことを後悔する。

長い鎖のアンカーは雨による侵食なのかぐらぐらしていて心許ない。後から聞けばそこまで自転車で行き、担いで通過したという奇特な方がおいでになるとのこと。色んな人がいるんだなあ。

鎖、池、湿地、鎖と通過すれば根小屋城址に到着。本丸跡でお茶とおやつを食べて山名八幡へ。途中新駅の高崎商科大学前駅へ降りるルートをハケーン。山名駅へは行かずこの新ルートを使うことにする。

新駅への新ルートのはずなのに途中から猛烈な藪になる。踏み跡さえ確認できない程で、これが奥深い山中の下山ルートだったら確実にブルーになっていただろうと思わせる。おまけにナイロン蜘蛛も凄い。駅まで15分は大嘘で、近年こんな表示の不動産物件もないだろう位の時間表示だ。降りきるとそこは駅だった。丁度電車が来たので日本一高い運賃の電車で帰る。