• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

深山湖から登る

公開日時
2017-01-02T17:04:30+09:00
タグ
yama

鬼が面山へ。今日はタンクのある施設まで。

深山湖冬季通行止めゲート

深山湖東岸の道を進むと大川林道のゲートから更に西ボッチ分手前に冬季封鎖を示すゲートが設置されていました。手前の余地脇からが登り口であり、前回のように湿原、三斗小屋温泉跡を含め周回してくる訳ではないのでこの閉鎖はまったく問題なし。準備してスタートします。

途中の登山道

初め無積雪で凍結路面も無し。例のデッカイ九十九折れ終盤で薄っすら積雪。尾根に乗り小さい九十九折れでは北西側が積雪路で反対側は無積雪。一般車両が進入できない林道合流十字路手前辺りで靴が埋もれる雪道となりました。

終点部の施設

林道終点部となるタンクのある施設に出て昼食後往路を引き返します。大佐飛山、男鹿岳を望み、樹林越しに白い頂の三倉山、大倉山、流石山を眺めます。

大佐飛山、男鹿岳を望む

自然の中は気持ちイイ。この時期どの山よりも誇らしき白い山塊となる三倉山から大峠。全面結氷するであろう深山湖。まるで異なる景色だけど山の中に身を置く意義は充分にあることを再認識します。

胡畔より三倉山、大倉山、流石山を眺める

そんな留守番頼んだ近所の山行でした。