• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

安戸山林道途中と御野立所碑

公開日時
2017-01-28T08:29:53+09:00
タグ
yama

昨日、安戸山の林道歩きと御野立所碑見学。

安戸山の林道

2014年10月4日 に登った安戸山。その時山頂からの復路途上に見た「御野立所碑」と書かれた立て看板が少し気に掛かりました。ならばすぐに目指せばいいのに入口から覗いても見えない目的地でそれなりに奥に入る雰囲気と、それまでの長い林道歩きの所為でまた今度とその場を後にしたのでした。プラス早合点とは恐ろしいもので、昔貴族か何かが旅の途中に立ち寄り野点して歌でも詠んだ碑であろうと勝手な解釈をしていたのでした。

今回登りに行った安戸山は同じ山。時間の制約と雪の状態から山頂到達は初めから断念していましたが「御野立所碑」への立ち寄りはその看板前に至るまで完全に失念していました。お恥ずかしいことに昨日帰宅後ウェブ検索するまで野点だと頑なに思い込んでいた頑迷固陋振りです。字はよく読むもの「野立」です。お休み処です。

御野立所碑入口

那須塩原市歴史資料の説明によると当時は富士山から筑波山、那須まで一望できる絶景ポイントのようでしたが、現在は樹林の中刈り払われた空間があるだけの野点スポットの様でした。

御野立所碑

林道に戻り安戸山や大佐飛山、黒滝山、鴫内山の山塊、そして那須岳の見える場所まで進み引き返します。

昨日の安戸山(中央最奥)

安戸山山頂はまだまだ遠く、とても時間までに帰宅することは適いません。いつも反対側から見ている大佐飛山山塊への眺望を堪能します。

林道より大佐飛山山塊を望む

冬枯れした樹林から那須岳と生息域を望みます。

昨日の那須岳

今季初となるスノーシュー使用。ゆっくり山歩きはクリスマスと元旦も含めて後日味わうことにします。気分転換になった昨日の記録。