• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

長卸山・前山・山椒山・トヤノ山・トトロ山

公開日時
2017-05-13T11:00:14+09:00
タグ
yama

昨日は南会津木賊(とくさ)温泉を挟んだ左右両岸の山を登る。

長卸山

晴れ予報だったのに曇天の中、広瀬の湯登山口横の駐車場に車を停め、その登山口からスタート。

広瀬の湯登山口

登り始めて振り返ると樹林越しに次に登る予定の前山、山椒山であろう山が双耳峰のように見えてきます。暫くすると雨。ぽつりぽつりから、しとしと降る雨に変わります。

長卸山登り途上で東の前山、山椒山を望む

直登一本かと思っていたら途中少し方向転換する場所で平らに。後は低山らしく堂々急登。どれも今年初めて見るタムシバ、イワウチワ、ヒトリシズカ、ムラサキヤシオツツジの花々を眺めながら登り山頂手前熊野神社への分岐で雨が止みます。

昨日の長卸山山頂

そして山頂。雨は上がったものの周辺の山はガスの中。大嵐山、三岩岳は何処。全く何も無いように見えます。

三岩岳方面を望んだ景色

遠望は利きませんが登山道に咲く花々や周辺の山深い景色は十分楽しめます。尾根道を下って奥会津総鎮守の室山熊野神社へ降ります。境内に見慣れない花を。帰宅後知ったイワナシです。

イワナシ

熊野神社から更に一段下に降りるともう一つ神社。熊野三社大権現そこが熊野神社側登山口でした。

熊野神社側登山口

車道に出て駐車場まで1km程戻ります。右手に歩いてきた長卸山が一緒です。

室山熊野神社登山口車道より見た長卸山

途中、歓満の滝をチラ見。スタート地点の広瀬の湯登山口、更にその先西根川に掛かる宮里大橋を渡りさいたま市立舘岩少年自然の家へ向かいます。

歓満の滝

トヤノ山への入山許可を得るためのさいたま市立舘岩少年自然の家への出頭ですが、一般車両駐車禁止であることなどから徒歩での移動です。宮里大橋渡ると左が前山の登山口なのですがここは右へ曲がります。面倒臭いと感じるのは事実。でも施設管理とはそういうものなのよと実感もしているので従います。

昨日のさいたま市立舘岩少年自然の家

さいたま市の小学生が二泊三日の宿泊体験で施設利用中でした。管理事務所で住所、氏名、人数、入山時刻、下山時刻を記入し受理されます。キツいのは下山後も報告に戻らなければならないこと。もうここまで来たら従う以外ありません。

西根川対岸より望む長卸山

施設から前山登山口まで約800m。対岸から見る長卸山は三角形、その一辺が登りのルートだとか思いながら移動しました。

前山・山椒山・トヤノ山・トトロ山

低山ながら4座縦走できるのは魅力的です。前山登山口から入ります。

前山登山口

ロープの張られたよく整備された散策路といった感じの道で驚きますが、それは最初だけ。段々、普通の登山道になっていきます。

前山への登山道(初め)

縦走路となる最初のピークに立つと前山、山椒山2座が同じ高さで並んで見えます。一旦下ったコルから登り返す途中に東へ降りる道。ここからステップが施されたに前山の急登が始まります。

昨日の前山山頂

登り切り一座目の前山に到着。樹林の広い山頂と山座同定し易い展望写真が設置されています。樹林越しに白き峰々の会津駒ヶ岳、大戸沢岳、三岩岳、窓明山が望めます。特に昨年2度登った三岩岳を特別な気持ちで眺めます。当たり前なのですが南の田代山、帝釈山は思った以上に近い。

会津駒ヶ岳、大戸沢岳、三岩岳

昼食後、隣に位置するような山椒山へ向かいます。僅か10分の距離ですが山椒山の登りはその時間を忘れさせる程急傾斜です。散策路的な整備は前山までで以後どんな形状形態であろうが自立するルートとなります。つまり入山許可を申請したエリアは補助的なロープや足場の確保が無い登山道エリアになるということ。管理地イコール整備域とは限らない、勝手な解釈でその逆と考えていました。

山椒山頂上

トヤノ山までの道程でタムシバ、ムラサキヤシオツツジは対岸の長卸山より遅い感じで咲いていました。特にツツジは蕾のものが多く同程度の標高でも川を挟んで東西異なることを実感します。

山椒山からトヤノ山を望む

地図読みが甘く何度も山頂かと期待しながらピークを越してトヤノ山に到着します。展望はあまり良くありません。この縦走路で山頂展望が良かったのは樹林越しからの展望を得た前山位で、後は尾根上から覗かせる山並みが醍醐味となるようです。

トヤノ山山頂

トトロ山へと下ります。明瞭な尾根道で迷うことは有りませんがロープが有ればなと思える急斜面を何度か下って行きます。

トトロ山より眺める窓明山

トトロ山からは窓明山が望めました。三岩岳から窓明山経由で周った時に下りで使った斜面が良く見えます。

トトロ山からの下り山椒山、前山を望む

その後山椒山、前山を右手に目線から頭上へとぐんぐん変わる、ロープ有ればなと思う急斜面を降りてキャンプサイトに出て終了。施設内の調理場でイワナのさばきの手順表イラストを観ます。気絶させるから始まり焼くまで全7工程。勉強になりました。管理事務所へ向かい下山報告して広瀬の湯駐車場へ戻り雨から晴れた一日を終えました。帰路番屋でエゴマソフトがメニューに加わることを知り頂戴します。シソ科植物の香りのするアイスでした。そんな五座の日。