• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

センブリとヒイラギ

公開日時
2017-10-03T15:09:02+09:00
タグ
nasuna

リンドウ咲き誇るこの時期、同じリンドウ科の植物センブリの花も咲いていました。

センブリの花

以前シスターに、薬草だから噛んで御覧なさいと言われ半日程苦い経験をしたことがあります。センブリの存在を知ったのはその時が初めて。お茶目な所業を受容する寛容さも学びました。

今年静観していた植物があります。庭のヒイラギです。身長を超える大きさのもので、老樹なのでしょう、葉の縁は殆ど丸く茶葉状態となっていました。初め何の樹か判断できない程で面影残る緩い鋸歯でヒイラギと判断できました。その樹を春に枝打ち実施。全周に渡り高さも目線まで下げました。ごっそり、バッサリ枝打ち。もう葉が出ないかもというぐらい。

鋸歯縁付いたヒイラギ

夏は動きが無くオワタ感が漂っていましたが、秋の気温になって新葉が出てきました。葉も鋸歯です。これで一安心、多分。後は花期を待ちます。

そんなまだまだ続くよ草払いの最中の観察。