• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

ハルユキノシタだった

公開日時
2018-06-23T16:34:24+09:00
タグ
nasuna

相変わらずテキトーな記述であったと反省。拙作日記 ホタルブクロの季節 内のユキノシタの記述はハルユキノシタでありました。訂正して追記いたしました。

玄関脇のハルユキノシタ

何故今頃。それは近所の集落で見かけたユキノシタの群生を写真に収めた時、ココの玄関脇にも咲いていることを思い出し帰宅後撮影。両者を見比べたら「アラ、違うじゃない」というところから始まります。

集落の一角に群生していたユキノシタ

真っ先に違いに気付く箇所は花弁。集落で撮影したものは赤味のある上部の花弁に小さな赤い斑点付き。ココのは白地に基部が大きめの黄色の斑点。葉も比べれば紫色を帯びていない。

玄関脇のハルユキノシタの葉

ネットの先達情報によれば葉の裏も違うらしい。改めて見に行けば白っぽい葉裏でした。

玄関脇のハルユキノシタの葉裏

玄関脇の花はハルユキノシタと決定。それにより先の過去記事該当箇所も修正。やっぱ小さき花が好き。ユキノシタの下部の2弁が飛び出したような変わった形が特に好き。

ベランダにとまった昨日のトンボ

今日は梅雨空でハルユキノシタを観察していたら降られましたが昨日は快晴。輝くような陽のもとトンボと一緒に草払い。作業合間の梅雨休み中の花観察記録でした。