• PC表示
  • スマホ表示
  • AUTO
このページは JavaScript を使用しています。JavaScript を有効にすると、レスポンシブ Web デザイン変更などの設定動作が可能となります。

裏山2座

公開日時
2019-07-19T06:44:44+09:00
タグ
yama

昨日は町内の山を歩く。登り口は隣町となる沼原でしたが白笹山山頂から南月山、日の出平の何回か歩いている町内コース。

南月山山頂から見る茶臼岳方面

西の空は少し青味もある沼原駐車場に車を停め、白笹山を目指して登ります。途中、沼原池を眺める適地より満水の池を眺めます。

昨日の沼原湖

約一ヶ月前の6月13日に沼原池を訪れた時は、3年に一度の保守点検中で水抜きされていました。沼原池は沼原調整池。揚式水発電のための貯水池です。

脇の園地より見る沼原調整池

昨日と同じように山腹から俯瞰するように眺めれば池底をよく見ることも出来たのでしょうが、その時は脇の園地からのみ。それでも見慣れない景色は圧倒的でした。

保守点検中の沼原調整池

当たり前に満水となっている池を感慨深く眺めた後進みます。

三倉山系に掛かる雲

三倉山系は一瞬雲が切れたりしています。たまにレンズ雲の様な雲も出現してきます。たまに各山頂部をなぞる様に離れた雲も現れる。

白笹山、南月山間のコルからの景色

展望のない白笹山を越し南月山へ向かいます。2座を結ぶ最低鞍部は最近のお気に入りの場所。曇天とはいえ植物は夏の色。

若い(多分)ノスリのカップル(多分)と遊びます。眼下のコナミの風力発電風車上空を飛んでいる2羽の猛禽類を見つけます。手を振り呼ぶと気付いたようで近寄ってきます。真上まで来るとホバリングしたり旋回したりしてこちらを眺めています。尾がバチ型ではないのでノスリのようです。行ったり来たり暫く滞在してくれました。帰り際、背面飛行をしようとしたのか回転して一瞬バランスを崩しかけたり、2羽で遊ぶように錐揉みして帰って行きます。遊んでいるようです。なので「若いカップル」と勝手に想像。思いがけないノスリのバードショーを堪能し南月山へ向かいます。

南月山から西の景色

山頂部は無人。晴れていますが雲が上がって来たりしています。最奥部の三本槍や三倉山系は見えたり消えたり。昼食を取り日の出平へ向かうとほぼ雲に覆われミルキーな世界に変わります。ここで下山開始。

花々

ノスリ以外にもオトギリソウ、ゴゼンタチバナ、ウスユキソウ、ハクサンシャクナゲ、ミネヤナギ、その他判らない花々も楽しめた裏山散歩。近いんだから空いた時間はこやって来ればいいんだと改めて思ったりもした日。